スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「幽かな彼女」 「空飛ぶ広報室」

今見てるドラマは3本です。

NHKの「八重の桜」
フジテレビの「幽かな彼女」
TBSテレビの「空飛ぶ広報室」

NHKは省略するとしてまず面白いのは「幽かな彼女」

幽かな彼女

香取慎吾の前回のドラマ「MONSTERS」が評判倒れというか、演技なのか主役のキャラなのかまったくつまらなかったので、今回もあまり期待していなかった慎吾ちゃん。
でも、杏ちゃんの幽霊役というのが見たかったので見ましたよ、第1話。
おお、今回も慎吾ちゃんはとっつきにくい役柄。でも意外とコミカルな内容で楽しめました。
学園ドラマの定番の事件が次々と起こるが、周りの脇役さん達がいい味だしてて笑える!
特に浮遊霊の佐藤二朗さんや、教師役の濱田マリさん、副校長の真矢みきさん、そして前話はキスマイの北山くんもがんばっていましたね。
期待の?元AKBの敦ちゃんは難しい役どころですがキャラのまま嫌われなければいいですけどね。
今後どこかでふっきれる場面があるのでしょうか。
次々起こる事件も、そして職員室も、真矢みき演じる副校長がしっかりとした手綱さばきを見せてくれて安心して見ていられます。なにより杏ちゃんの幽霊がとってもキュート!慎吾ちゃんとのかけあいも楽しくて、佐藤二朗さんの横やりもナイスですね!
次週も楽しみにしています。

そして次は「空飛ぶ広報室」

空飛ぶ広報室

映画の方でも書きましたが、知る人ぞ知る、「有川浩」原作です。
実はこの原作は読んでいませんでした。
タイトルだけは知っていたので ん?ってかんじ。
ま、原作読まなくても楽しめますけどね。終わったらぜひ原作も読んでみたいところです。

航空自衛隊の戦闘機パイロット、空井大祐二尉 (綾野剛) と、帝都テレビ局勤務のディレクター、稲葉リカ (新垣結衣)が主役。怪我が元でパイロットの免許を剥奪され、広報室勤務になった空井と、報道室で失敗しグルメ番組のプロデューサーに降ろされた稲葉が、航空自衛隊の広報を通じて成長していくあらすじです。
映画同様、航空自衛隊の全面バックアップがすばらしく、セットも航空機も本物を使用している迫力があります。
そして、航空自衛隊の熱い思いを有川浩がコメディタッチでわかりやすく描いていて楽しいですね。
人情あふれる毎回の会話と、特筆すべきは柴田恭兵という昭和の大スターを抜擢したことですごいコミカルになっちゃってます。稲葉リカを稲ピョンと呼ぶ柴田は広報室のトップなんですが、今回の役どころではメチャはじけてますね。いや~昭和世代にはうれしいですこれ。
航空自衛隊が我々を日夜守ってくれていることはわかりますが、自衛官も人間。家族も悩みもあります。
奥様を亡くしたり、恋人が任務にあきれて逃げたりと、自衛官の裏側もちゃんと描いています。
ま、小難しいと思われがちな自衛隊を世に広めたというまさに広報室の役割を果たしちゃってるコメディドラマですね。これからも期待していますよ~。


スポンサーサイト

TBS日曜劇場 「とんび」を見てます

日曜の大河ドラマを見たあとに、なにげなく入ったドラマを嫁の後ろから見ていました。
最初はへぇ~っていうかんじ。
なんか古くさい昭和のドラマかぁーって思っただけでしたが、原作が 重松清とあったので、ちょっと興味をもって見ました。

とんび


初回の視聴率は17%と高視聴率だったみたいですね。
その後も16%を維持。

運送会社に勤めるヤスは、昭和34年に美佐子と結婚。
1児をもうける。
昭和9年生まれのヤスは自分の親と同じ年でした。ヤスこと安男は内野聖陽、美佐子役はあの久しぶりの常盤貴子。
いや~妊娠中の常盤貴子じゃなく美佐子がとてもかわいいのなんのって。
短気で乱暴でストレートなヤスを心から信頼してついていく姿が好感度アップでした。
常盤貴子ももう40歳くらいになるのかな?しばらくみないうちにいい女になってましたね。

そしてそんな美佐子を愛するヤスも、家族のために張り切って仕事をしています。給料のいい長距離トラックの運転手もやめ、内勤で働こうとするヤス。いつも家族のそばにいたいのだろうね。

そんなヤスをささえる小料理屋のおかみ、たえ子に麻生祐未、ヤスの幼なじみで和尚の照雲が野村宏伸、その父親の住職、海雲に柄本明、なにかと世話を焼く番台のおばちゃんに青木和代(名前知らんかった)。
昭和の人間関係の濃い脇役たちがなにかと若夫婦のまわりで世話を焼きたがります。
われわれ昭和世代にはなつかしくもあり、ほのぼのとした雰囲気がたまらなくなってきます。

衝撃だったのは、ヤスが美佐子を職場に連れて行ったとき、後輩の積んだ荷物が崩れてきて美佐子は子供のアキラをかばって亡くなってしまったこと。
まだ連載2回目というのにそれはないっしょ。。。
感動したのはこのあと、土下座して殴られるのを覚悟で謝る後輩。
ヤスは雨が悪いと言い出す。

あの日は雨が降っていたんだ。
だから俺は機嫌が悪かった。
機嫌が悪かったから美佐子と口げんかをした。
ケンカをしたから美佐子は外へ飛び出した俺を追って職場へきた。
そして事故にあった。
だから雨が悪い、お前のせいじゃねぇ!と。

自分も後輩も責めずに歯をくいしばるヤス。土下座したまま泣きじゃくる後輩。
おい!飲め!酒でも飲もうぜ!

後輩と酒を飲みだすヤス。
う~!泣けます、このシーン。
ふだんはケンカっ早く、すっとこどっこいのヤスだけど、最愛の美佐子を失っても前を向いていく。
そして息子のアキラをしっかり育てなきゃならんと心に誓うヤス。

まったく家事も料理もしたことのない昭和のおやじの苦労がここから始まります。
そしてとんびが鷹を産んだと言われるほどの心やさしい聡明なアキラ。
周りをとりまく心温かな隣人たち。

あのペニシリンでございますの「仁」のスタッフが生んだだけある人情ドラマでした。
ふだんドラマを見ない、そして見ても最終回を見たことのないレッドがはまったドラマです。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

ブログ村に登録しました。よければどれかをクリックお願いします

もてもてナインティナイン 愛知県美浜町・お見合い大作戦

これオンエァ見てた人いますかね。

北海道のお見合いも楽しく見ましたが、今回は愛知県美浜町。
愛知県名古屋市から車で50分ほど離れた海沿いの景色のよい町です。

全国から370人が応募し、番組史上最大の78人が参加したという激戦となりました。
当然オーディションやってるのかと思いきや、番組HPを見ると説明会しかやってないのね。
まぁ、全日程本人参加が前提条件ですから、仕事の都合上無理な人もいるんでしょうけど。

今回の一番人気は、大阪出身で愛知県から参加したOLの見方優子(みかたゆうこ)さん29歳。
地元ってのもあるんでしょうけど、もう断トツの人気でした。
男性1番から3番人気までトップスリーを独り占めしちゃいましたからね。
まぁ、容貌も素敵な方で、何が男性を引き付けたかというとその話術ですかね。
自分から話を振って笑顔で人なつっこく話しかけるところ。
他の参加者がトップスリーに話すとき、素敵ですねーとか最初から一目ぼれ度を猛アピールするのに対し、あまりそういうことはしゃべらない。
相手の目を見ながら質問して話を引き出していくのがうまいなぁーと思わせる。

で、結局トップ1同士がくっついて終わりという、世のブサイク連中にはどうしようもない夢も希望も打ち砕かれた結果で終わるわけですが、イケメン同士の恋愛なんぞなんの興味もねぇ!
美人と呼ばれる者同士のドロドロした裏の戦いでも見せてくれるならそれはそれで楽しいけどね。

そのあと、突然目を引く展開が訪れたのであった。
それは池田三姉妹の登場だぁ!

長女池田明子36歳独身、次女池田晴子(せいこ)34歳、バツイチ、11歳の子あり、三女池田夏子29歳独身、長女はおっとり型、次女は人見知りタイプではあるが、結婚経験があるため余裕が、三女は明るく人なつこいタイプ。
さてさてどうなるかこうご期待なんですが、姉妹ってみなそうなのかは分かりませんが、第1候補、第2候補ともに三姉妹がかぶってしまうという仰天ぶり。

そして最初のインタビューでは、次女は引っ込み思案なため、長女と三女が話しているのを聞いて横から突っ込んでいこうかなーという作戦。
そしてフリータイムでは、三姉妹はそれぞれ最初の候補とは違う男性と話が盛り上がっていく。三女はまったく別の男性といい雰囲気に。その男性はJA職員27歳の村田さん。
明るい女性が好きだというだけあって、三女の明るい会話でいいかんじ。
このままうまくいってくれ~~と祈るような気になってしまった。

そして長女と次女の前にゴルゴ13の頭を薄くしたような42歳の電気屋、山田さんが現れ、ちょっとだけ話をしていい雰囲気に。
その後は長女が積極的にアピール。次女は一人ポツンとしてしまった。
続くお宅訪問では長女が山田さんの自宅を訪れ、ちゃくちゃくと作戦は進行していくことに。三女も村田さんのお宅を訪問し、笑顔で会話も弾む。
そして次女は、最初の第1候補のお宅を訪問し、それぞれが別々の男性をねらっていくのかと思われた。

最終フリータイム、三女は村田さんといい雰囲気。そして長女も山田さんと会話が弾んでいる。
次女は手持ち無沙汰のようだ。。。

長女が三女のもとへ席を離れたときそれは起こった。。。。
電気屋山田さんが次女の方へ向かったのだった。
そして飲み物を手に話を始める二人。

やはり姉妹の好みは似てしまうのか、次女も山田さんとは話は弾む。ヒトミシラーではなかったのか。
そして決めの一言を放つ!

「喋れるのが私 山田さんしかいないんですよ!」

「山田さんしかいないんですよ!」

はぁ~?
さっきまで長女と話をしていたのを見たはずの次女からこんな言葉が。。。
こわいこわい、女の闘いこわいよ~~~!

山田さんの心は 長女<<<<<<次女 と傾いていってしまった。
そして告白タイムで山田さんの手をガッチリと握ったのは、、、、、もちろん次女。

長女、一瞬の離籍を生涯後悔するハメに。
もちろん、大人ですからね、そこは姉妹だしね。「こういうルールですからお互い恨みっこなしです」、というフォローはしておりました。
しかし、、、

「一度くらい姉に結婚させてやれよ!次女ゴルァ!!!」


と思わず叫んだのはわたしだけではあるまい。
「裏切っちゃいました、テヘ」
モテようとすることはなにも悪いことではあるまい。
むしろそれは女の必須の才能でもある。
しかしそこにはルールはないのか、仁義はないのか。

なぁーんて、ぜんぜん怒っちゃいないワタクシ。
おもろかったわぁ~、次回も楽しみにしてまっせ!

ちなみに、三女は村田さんとめでたくゴールインしておりました。

 動画で見ることができます

 もてもてナインティナイン 愛知県美浜町・お見合い大作戦




ワンコウォッチ[ジュエリック・シルバー]
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも一覧

ペケペケカクカク

オタク女子のダックス絵日記

自動車修理屋 ! イイ ! ! パパ店長のお楽しみ 

看板猫と山間の田舎暮らし

ひろあーちゃんのなんだかなぁ~

まったりネコの昼下がり

素敵な人生(にゃんこ先生がお届け)

サエっちのサエズリ

明日のために
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
広告
    アラフィフ50台ブロ友集まりませんか! コミュバナー バナーはここで作りました 「画像加工編集サイト」
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。