スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている(神永 学著)

「心霊探偵八雲」シリーズを今読んでいます。

同時に佐伯康英先生の「密命」シリーズも読んでいますが、こちらもおもしろい!

さて、心霊探偵八雲の方ですがこれもシリーズもので7巻くらいまであるのかな。
これは著者のデビュー作で、「赤い隻眼」という本の改訂版で、最初は売れなかったものの徐々に人気となりシリーズ化したものらしいです。

八雲

1巻目は短編ですが、八雲や春香などのキャラクターの説明から始まり八雲はちょっとぶっきらぼうでとにかく口が悪い大学生。春香は同じ大学に通う女子大生で霊に憑依された友人を助けるために八雲に相談に訪れる。八雲の左目は生まれつき赤く、人には見えない霊が見えるという。

なんか流れからしてライトノベル風ですが、心霊探偵というありがちな設定でまたか、というイメージでした。読み進めてもキャラクターがまだ生きていなくてセリフも固い。
霊が見えても霊能力者ではない八雲。除霊もできず超能力があるわけでもなく、いったいどう霊と戦うのか。
「開かずの間」という短編ではこれといった活躍もなくふ~ん、といったかんじで終わる。
まずひねくれ者の設定なのはわかるが、セリフに愛情が感じられず八雲の人間味がまったく伝わってこなかった。ここまで人嫌いな人間がちょっと頼まれたくらいで人助けに動くというのが信じられないくらい違和感たっぷりなのである。
正直言って、携帯小説並みだなぁと思ってしまったくらい。
デビュー作なのだから多少固くなってしまうのは仕方ないですけどね。それにしてもこのありきたりな設定で主人公に思い入れがなければ読み進めるのは難しくなってしまう。

というわけで最初からケチをつけてしまいましたが、本命発揮はこれからだったんです。

第2巻はようやく長編になるが、八雲の赤眼をあてにする後藤刑事とのやりとりが丁々発止でテンポががぜんよくなってくる。キャラクターも各々が生まれ変わったように生き生きと動き出し、やっと神永氏の面目躍如といったところか。
伏線らしきところも配しながら、新しく加わるキャラクターもあいまって会話もやっと聞きやすくなってきた。八雲の毒舌も慣れてきたのかそれほど嫌われるものでもないのが不思議。
それどころか大学生の八雲の舌にきりきり舞いさせられる後藤刑事とのやりとりがとても楽しい。

花とゆめでマンガ化され、アニメにもなっているらしいが、若い世代ならおおいに受けるだろう。
笑いあり、恋愛あり、そしてちょっぴりしんみりとする場面もあり、休日のお供に最適でした。
さて、今日は4巻目を読もうかな。
金爆を聴きながら。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

優々kakaさんへ

そうですね~
アニメ見てないので雰囲気わからないのですが、文庫本のジャケットはなかなかのイケメンですね。
ひねくれた雰囲気の若手俳優だと誰になるんだろう~?
ジャニーズじゃない方がいいかな。
ぜひドラマ化してほしいですね~

No title

イケメン俳優が主役でドラマになりそうな話ですね。

冴さんへ

え~~~~~!
冴さんの先輩でしたか~
そうそう角川書店から出てますよ。

世間ってせまいもんですね。
今も晩酌しながら読んでますよ。
がぜん面白くなってきました。
こういうジャンルでは面白いのとクズなのと玉石混交なんですよね。
今回は当たりでした。
神永先生によろしく言っておいてくださいね。

No title

神永先生、実は先輩に当たられる方です、ハイ

今は確か角川書店さんから出版されてると思うけど(違ったか?!)
元は文芸社からの出版でした
私は今、文芸社に席を置いていますから…
でも3年経ったら卒業するかな~~

ああ、どうでもいい話ですね

面白いでしょ、それ(^^)
ワンコウォッチ[ジュエリック・シルバー]
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも一覧

ペケペケカクカク

オタク女子のダックス絵日記

自動車修理屋 ! イイ ! ! パパ店長のお楽しみ 

看板猫と山間の田舎暮らし

ひろあーちゃんのなんだかなぁ~

まったりネコの昼下がり

素敵な人生(にゃんこ先生がお届け)

サエっちのサエズリ

明日のために
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
広告
    アラフィフ50台ブロ友集まりませんか! コミュバナー バナーはここで作りました 「画像加工編集サイト」
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。