スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーマーとしての日々2

長くなったので分けます。

就職して大人になってもずーっとテレビゲームはやっていました。
昭和の55年ぐらいにはパソコンの時代が到来しはじめました。
個人がパソコンを持って何をやるのか、皆目検討がつきませんでしたが、ゲームができるというのは分かっていました。さっそく職場の先輩につられてNECのPC-6601というパソコンを買いました。22歳のころの給料の約2倍14万3千円もしましたが、結局付属のゲームもつまらなくって、本を買ってプログラムした時計とか人がただ走るだけのものとか、あまり役に立たないで終わりました。
それでもパソコンというものの存在が強く印象付けられた経験でした。

再びパソコンを持とうという気になったのは平成10年のことです。
インターネットとか言葉が出てきて、マッキントッシュというパソコンのお下がりをまたまた先輩から譲り受けたのが始まりです。
真っ黒で小さなパワーブックでしたが、OCNに加入してNTTの技術者の方に来ていただいて電話線をつないで接続設定を全部やってもらってネットにつながりました。
IPアドレスがどうの、PPP接続がどうの、モデムがなんたらでさっぱりやっていることがわかりませんでしたね。

それでもインターネットにつながったというのは、とても感動的でした。
今のようにグーグルなんて検索サイトもなかったので、NTTのホームページを見たのが最初でした。
そしてメールアドレスも設定してもらって、旭川の友人にメールをしてみました。
職場でも先輩と二人しかPCを持っていない中、すごい優越感にひたったものでした。

パワーブック

「初代パワーブック」

その後 マッキントッシュからあのブラウン管型のiMacG3が1998年に発売され、スケルトンブルーのタイプを飛びつくように購入しました。その後ibookに乗り換えたんですが、職場のPCがWindowsであったことと、マックではオンラインゲームも少なかったため、NECのデスクトップに乗り換えました。

アイマック

「爆発的に売れたiMac G3」

やっと本題です、Windowsに乗り換えて最初にやりたかったオンラインゲームがこれ



「MUミュー奇蹟の大地」

平成12年くらいだったかな。やりはじめたの。
子供たちも一緒にやりはじめて、とっても興奮しました。
当時は月単位の課金性で月1200円くらいで楽しめていました。

開設当初だったのにけっこうやりこんだ人も多くて、成長とともに羽根をつけることができるんですけど、その羽根さんがカッコよくってみとれていました。
このゲームの売りは装備の華麗さで、鎧などの装備を外すと下着姿になるという作りこみでした。

慣れてくるとギルドという団体に入れてもらうわけですが、ナイト、魔法使い、エルフという3職がきっちりしていて、それぞれの役割分担でパーティを5人まで組めるわけです。
最初、エルフという役を選んでしまって女性の姿だったので、いつもネカマと間違えられましたね。
ネカマというのはネット上のオカマです。
子供も嫁もいると宣言して仲間にはわかってもらっていましたが、野良パーティを組むと女性とまちがわれてくどかれたりもしました。まぁ、甘えてアイテムを分けてもらったり役得でしたが。

オンラインゲームの醍醐味といえば、対人、人と人とのつながりがあるわけですが、このころはまだ純朴というか、親分子分のような関係や、昼間やっていると主婦が多いわけですが、狩りをせずにまったりと子供の話に興じたり、家族の話もしたりしていました。わたし今日生理だから気が荒いわよ~なんて言う女親分もいたりして、夜が更けるまでPCにはりついていました。
仲良くなるとブログで情報交換したり、携帯電話で狩りの打ち合わせしたり、オフ会などもやっていたりしたようですね。中にはゲーム上で仲良くなりすぎてリアルで結婚しちゃったツワモノの話も聞きました。

最終的には参加者も一人減り二人減り、ギルドも解散してしまって、さみしい状態になっていきました。
レベルも300を過ぎると頭うちになってきて、やっていることもマンネリ化してきました。
課金もアイテム課金全盛になり、お金がなければ何もできない状態となりました。
中にはRMT(リアルマネートレード)といって、中国人組織のプレーヤーからゲーム内通貨をリアルマネーで買うことも横行しだしました。
中国人はゲームマネーをかせぐためにチートというプログラム改造を行って、何日でも補給なしで良い狩場を独占するようになりました。

ゲームで楽しむには金、金、金。
当初には無料を謳いながら、ガチャポンのような博打アイテムを買わせようとします。
そういう雰囲気に嫌気がさした先人は皆去ってしまいました。
私もその一人です。

今思えば、24時間ゲームの前でラーメン食ってたヤカラや、毎日徹夜明けで会社に行ってたサラリーマンや、亭主のご飯作ったりせず、子供を風呂にも入れないで狩りに行ってた主婦も、やめてよかったのかもしれませんね。

オンラインゲームには興味がわきませんが、スーパーファミコンをもう一度買おうかなーなんて思ったりします。






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

NO TITLE

わざわざ私のためにサポートして頂き申し訳ないです、悩んでいないでもっと早く聴けば良かった! テンプレートの変更など具体的に疑問が出ましたら、また、よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

記事の保存方法

ほとんどそれで合ってますが、1件1件だと時間がかかると思います。
記事、画像、それぞれ全てを管理画面からバックアップできます。
文字でよければここに書きますね。

管理画面を開く→画面左側のツール→「データのバックアップ」をクリック

〔記事の保存〕
エクスポート→「全ての記事のダウンロード」をクリック→適当なところに保存

〔画像の保存〕
ファイルバックアップ→画像ファイル→「リストを開く」をクリック→ファイルから「名前を付けて保存」をクリック→
ファイルの種類を「Webページ、完全」にする→適当なところに保存→ページ数ごとに繰り返し

ただし、このやり方だと部分ごとに復元して見ることはできないと思います。
書き込みとそのまま同じ画面を見たければ、やはりハックルさんのやり方でひとつひとつ保存する方がいいと思います。



NO TITLE

バックアップの件ですが
ファイルをクリック → 名前を付けて保存 → 保存するフォルダーを選び → ファイル名を入れて → Webページ完全を選択して → 保存  と1件ごとやったらコメントの入ったバックアップが取れました。管理画面からのは難しくてどうしても解らずこの方法を採りましたが、時間がかかりました、1日中パソコンとにらめっこ疲れました、お騒がせしました!!

NO TITLE

ハックルさん

ブログのバックアップは管理画面からできますよ。
文字で見てわからないようなら明日やり方をアップしますね。

72歳でブログ始めてこうしてコミュニケーションをとっていることがすごいですよ!
自分の方が見習うとこばかりです。

NO TITLE

いや~すごい知識をおもちで!
私には難しくて、ほとんどわかりませんが、このようなお仕事をされているんですかね、
昨日から、ブログをバックアップしたいといろいろ調べているんですが、良くわからなくて
名前を付けて保存…でCDに1件ごと保存しましたが、良いか悪いか、72歳じゃ無理ですわ!
ワンコウォッチ[ジュエリック・シルバー]
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも一覧

ペケペケカクカク

オタク女子のダックス絵日記

自動車修理屋 ! イイ ! ! パパ店長のお楽しみ 

看板猫と山間の田舎暮らし

ひろあーちゃんのなんだかなぁ~

まったりネコの昼下がり

素敵な人生(にゃんこ先生がお届け)

サエっちのサエズリ

明日のために
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
広告
    アラフィフ50台ブロ友集まりませんか! コミュバナー バナーはここで作りました 「画像加工編集サイト」
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。